釣りのメジャーのおすすめを超厳選!しっかりと記録に残したいなら専用を買うべき理由とは

釣り装備

スポンサーリンク

こんにちは、タロヤマ(@Taroyama173)です。

釣りで念願の魚が釣れた時とっても嬉しいですよね!さらにその魚が大きかったら大興奮!

その後釣れた魚のサイズを計りたいと思うのは釣り人の宿命です。

そんな時、指で長さを測っておおまかで終わりにするのは非常にもったいないです。

しかしなんでもいいからと言って100均のメジャーを使っているとすぐに錆びて使い物にならなくなってしまいます。

やはり水辺で使うメジャーは防水性のある釣り用のメジャーがとってもおすすめです。

そんな釣り用メジャーについてどんなものがいいのか、淡水でも海水でも使えるメジャーのおすすめを超厳選して紹介したいと思います。

スポンサーリンク

釣り用メジャーとは

まず釣り用のメジャーは普通のメジャーと何が違うのかというと、やはり素材です。

釣り用のメジャーはほとんどが防水性の「ターポリン」という素材できています。

このターポリンという素材は横断幕や日除けテント等に使われており、応急的な担架にも使われている丈夫で色褪せない強い生地です。

この生地はまさに釣りのメジャーにうってつけの素材といえるでしょう。

すごいぞ!ターポリン!

そして釣り用のメジャーは基本、俗に言う巻き尺ではなく折りたたみ式か丸めて収納するタイプとなります。

なぜかというと通常の巻き尺メジャーだと水分と塩分を含んだ計測部分がケース内に入りこんでしまい錆びと劣化の原因になるからです。

また、釣り用メジャーはその他にも計測の数字が大きく表示されているものがほとんどです。

これはまだ生きていて元気がある魚でも一瞬でサイズがわかるようになっていて手間取ることがなく非常に便利です。

SNSもバッチリですしね!

おすすめの釣り用メジャー

まずはダイワのメジャーです。

細いタイプのものと広いタイプのものがあります。

 

 

ラパラの巻き取りメジャーです。

他のタイプにはない、スタイリッシュなタイプです。

 

第一精工のノギスケールです。

2サイズ展開で携帯性に優れノギス付きの素晴らしいメジャーです。

 

 

エバーグリーンのメジャーです。

これも携帯性に優れていて折りたたみ垂直ピラーが付いています。

 

次に紹介する2つは安価なタイプのものです。

携帯性が優れている訳ではないので装備として携帯するには工夫が必要となります。

しかし魚のサイズを計るという点では必要充分なので、こだわらないという方にはコスパが良いのでおすすめです。

 

 

以上がいいものだけを厳選した釣り用メジャーです。

まとめ

今回は釣り用のメジャーについて厳選してまとめてみました。

釣り用のメジャーはあってもなくても釣果に関係はありませんが、あれば釣りという趣味を最高に楽しむことができます。

1cmでも大きい魚を追い求めるのが釣り人でありアングラーです。

その大切な記録をしっかりと残すためにも釣り用メジャーを購入することはおすすめですので今回紹介したものを参考にしていただけたら幸いです。

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク