シマノ電動リールのフォースマスターを徹底解剖!これさえあれば必要十分な理由とは

スポンサーリンク

電動リール!

いかにも高そうなその名前。

ガチで船釣りをしている中年以上の男性しか持っていないもので自分には縁のないもの。

そう思って生きてきませんでしたか?

しかし実は電動リールはそんなに難しいものではなく釣り人の負担を劇的に軽減させてくれる優れものだったのです。

そのことに気づいてしまったあなたは電動リールを持つことで釣りの幅が広がることを知っているはずです。

ですが、今まで気にしたこともない電動リールにはどんな種類があってどれを選べばいいのかわからないと思います。

電動リールは耐久性を求められる物であるのに精密機械であるがゆえに製造しているメーカーは多くありません。

選ぶうえで失敗したくないのであれば釣りの2大メーカーである「シマノ」と「ダイワ」から選ぶようにしましょう。

そんな二大メーカーであるシマノの電動リールラインナップの中でミドルスペックモデルと言われているフォースマスターをご存知ですか?

このフォースマスターは先端技術がコスパよく組み込まれており豊富なラインナップを実現しています。

正直このモデルを持っていれば巨魚とのビックファイト以外の船釣りはもう安心です。

今回はこのシマノのミドルスペックモデルであるフォースマスターを徹底解剖したうえで、これあえあれば普通の船釣りは大丈夫な理由をまとめて紹介します。

スポンサーリンク

電動リールとは

バッテリーからの電力でモーターを駆動させ、ライン(道糸)を巻き上げるのが電動リールです。

近海での100~200mの水深から、対象魚の生息エリアによっては1000mを超えるような深場からでもスピーディに楽々と糸を巻くことができます。

アジやタイ、各青物やイカ、五目釣りにカワハギ、アマダイなどの近海船釣りのほとんどのターゲットは50m〜200mの水深が生息エリアとなります。

この水深の釣りは錘(おもり)を使います。

水深や遊漁船によっても違いますが、50号〜200号(187g〜750g)の錘をメインに使うことになるでしょう。

この重さを水深50m〜200mから釣れる度、エサを付け替える度、船が移動するたびに手巻きのリール(電動リール以外)で巻き上げるのは非常にツライです。

この疲労度はまさに筋トレ!

釣りが終わる頃には腕がパンパンになっていることでしょう。

これを劇的に解決してくれるのが電動リール!

レバーをポンと押すだけで自動で何百mもの距離を巻いてくれるのです。

もちろん巻いてくるスピードは釣り人が自由に決められますし、魚の引きに合わせて巻き上げるスピードを自動で調整してくれる機能もついている機種もあります。

このように釣りの幅を広げる電動リールは、船釣り(エサ釣り)には欠かせない釣具と言えるでしょう。

ちなみに電動リールに巻く釣り糸(道糸)はPEラインとなります。

また、電動リールを動かす動力であるバッテリーは船から電源を取れることがほとんどなので、電力の心配はほぼありませんが、より電動リールのハイパワーを余すことなく使いたいのであれば個別のバッテリーを使用するのも1つの手です。

電動リールの各部名称と役割

【表示カウンター】
水深(糸が出ている長さ)などを表示します。現在のほとんどの電動リールは、釣りに便利なモードを設定したり、情報を表示することができます。

【巻き上げレバー】
糸を巻き上げるレバー。前に倒すと巻き上げがONになり、電動でスプールが回転して糸を巻き取ります。前方に倒すほど糸巻きの速度が速くなり、後方に戻すと遅くなります。

【ドラグ】
ドラグとは魚が強く引いた時、スプールが逆回転して糸が切れるのを防ぐ機構のこと。このノブでドラグの強弱を設定します。前方に回すと効きが強くなり、後ろに回すと弱くなります。

【ハンドル】
用は手で回して糸を巻き取るハンドルです。電動リールでも数mだけ巻き取りたいときなどは、ハンドルを手で回して糸を巻き取ります。

【クラッチ】
レバーを押すとスプールがフリー状態になり、糸が出て行きます。ハンドルを回すと元に戻り、スプールが固定されます。

この他にもバッテリーケーブルを挿すコネクタがあり、道糸が巻いてあるスプールもあります。

基本的に電動リールのバッテリーケーブルは専用のものが付属されていて水や潮に強くできています。

また、電動リール自体も厳しい条件下(海水びちゃびちゃと炎天下)で使うことを主眼として作られているため防水と防錆性は秀逸であることは間違いありません。

一点デメリットをあげるとしたら、モーターがあるがゆえに手巻きのリールに比べるとどうしても自重が重くなってしまいます。

シマノの電動リールとは

前述しましたが、電動リールは耐久性を求められる物であるのに精密機械であるがゆえに製造しているメーカーは多くありません。

失敗したくないのであれば釣りの2大メーカーである「シマノ」と「ダイワ」から選ぶようにしましょう。

そして今回は「シマノ」の電動リールについて紹介します。

シマノは大阪府堺市に本社を置く自転車部品と釣具の製造をその主要な事業とし、ロードバイク・マウンテンバイク・レース用自転車の機構部品としては世界最大の企業です。

特にギア関係に関しては世界トップレベルの技術力を保持しているため、ギアの集合体であるリールについては世界一であると言っても過言ではないでしょう。

そんなギア界の横綱的存在であるシマノが手がける電動リールはまさに世界トップレベル!

ではそのライナップから紹介していきます。

シマノの電動リールのラインナップ(モーター別)

シマノの電動リールはモーターの強さ等によってランクわけされています。

モーターの強さ順に「プレミオ→プレイズ→フォースマスター→ビーストマスター」となっています。

ちなみにビーストマスターのモーターパワーは怪物級です。


・プレミオ
・プレイズシリーズ
・フォースマスターシリーズ
・ビーストマスターシリーズ

以上の4つがシマノ電動リールのラインナップです。

そのうち「プレミオ」だけは最安値の1機種のみとなります。

シマノの電動リールのラインナップ(糸巻き量別)

次に種類別として分けられいるのが番手の違いです。

この番手とは糸巻き量によって分けられていて300〜9000番号で分けられています。

もちろん番手が大きいほどスプールも大きくなるので糸巻き量が多くなりリール自体も大きくなります。

ちなみに各番手の一覧表と糸巻き量の対比は以下の通りです。

【シマノ電動リール一覧表】

  糸巻量
300  
ForceMaster 300
Series
    PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
0.8-400、1-300、1.5-200、
2-150
400  
ForceMaster 400
Series

PLAYS 400
  PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
2-200、3-140、4-100
600  
ForceMaster 600
Series
    PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
2-300、3-200
800  
ForceMaster 800

PLAYS 800
  PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
2-470、3-300、4-230、
5-180
1000  
ForceMaster1000


ForceMaster1000MKHD


PLAYS 1000
  PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
3-400、4-300、5-200
2000
BeastMaster2000

ForceMaster2000
    PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
3-500、4-400、5-300
3000
BeastMaster3000XP


BeastMaster3000XS


ForceMaster 3000XP


ForceMaster 3000


PLAYS 3000XP


PLAYS 3000


PLEMIO 3000
PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
4-400、5-350、6-300、
8-200
4000  
ForceMaster 4000

PLAYS 4000
  PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
5-600、6-500、8-300、
10-270
6000
BeastMaster 6000

ForceMaster 6000
    PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
6-750、8-600、10-500、
12-350
9000
BeastMaster 9000

ForceMaster 9000
    PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
6-1100、8-900、10-650、
12-550

引用元 シマノ電動リールスペシャルサイト

フォースマスターシリーズ

フォースマスター(Forcemaster)には300番〜9000番のラインナップがあります。

かなりコンパクトなサイズである300番、400番。

600番からは「MUTEKI MOTOR+」を搭載したモデルとなり、そのパワーはプレイズに搭載されているMUTEKI MOTORよりもよりパワフルとなっています。

ですのでプレイズとフォースマスターの大きな違いはこのモーターの強さの差と言えるでしょう。

「MUTEKI MOTOR+」についてシマノは以下のように説明しています。

MUTEKI MOTOR+は高温時にも高いトルクを持続し、強力なパワーを発揮するブラシモーターです。ForceMaster 600/800/1000/2000/3000に搭載されています。
もともとはプラスチック磁石を使用する一般的なモーターより高い性能を発揮するMUTEKI MOTORでしたが、これに採用されていたネオジウム磁石を特殊希土類磁石に変え、さらに上の性能を獲得しました。
実釣面においては駆動時のレスポンスの速さに優れ、仕掛け着底直後にヒットするケースなどでは、素早く底を切るための大きなアドバンテージとなります。
ForceMaster 600/600DHに搭載されたモーターは、新しく、回転によるブラシ摩耗を制御するためにブラシサイズをアップさせることで耐久性を大幅に向上させました。

引用元 シマノ電動リールスペシャルサイト

上記のことを簡単に言うとプレイズよりもいいエンジンを積んでいるよと言うことです。

確かにスペックを見ても素晴らしいです。

巻上力も巻上速度も全てがワンランク上で普通の船釣りであればその能力に満足することは間違いないでしょう。

フォースマスター300シリーズ

細めのPEラインであってもスプール内部に施したラビリンス構造により深刻なライントラブルを未然に防ぎます。

また、SMART CONTROL機能により、スピード調整、クラッチ切替、チョイ巻操作などの一連のアクションが、ロッドを握る親指1本でスマートに行えます。

電動等速巻制御、モーター&クラッチ連動、超微変速制御など人気の鯛ラバゲームには不可欠な機能を搭載しました。

かなり小型のこの番手はマルイカや鯛ラバなどの電動ライトゲームにはうってつけです。

フォースマスター300DH、301DH

【フォースマスター300DH、301DHのスペック】

【フォースマスター300DH、301DH搭載機能】

・探険丸対応・楽楽モード・速度一定モード・SMART DIAL・ヒートフリーシステム・スーパーフリースプール・ハンドルスピード表示・探険丸無線通信・カーボンクロスワッシャ・Cl4+・S A-RB・糸落スピード表示・電動超スロー巻上げ・超微変速制御・電動等速巻制御・モーター&クラッチ連動機能・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・船縁停止アラーム・クイックラッチ・自動復帰電子ブレーカー・ラビリンス構造ボディ・チョイ巻

スポンサーリンク

フォースマスター400シリーズ

スピード調整、クラッチ切替、チョイ巻操作などの一連のアクションを、ロッドを握る親指1本でスマートに行えるSMART CONTROL機能と、カーボン強化素材CI4+採用の軽量ボディにより、軽快でアクティブな“電動ライトゲーム”が可能になります。

小型ベイトキャスティングリール並みの回転性能を誇るスーパーフリースプール、電動等速巻制御、超微変速制御など先鋭機能も満載。

左右のシングルハンドルとダブルハンドルの4タイプのラインナップで、“電動ライトゲーム”に新たな基準を発信する、チャレンジングなアイテムです。

フォースマスター400、400DH

【フォースマスター400、400DHのスペック】

【フォースマスター400、400DH搭載機能】

・探険丸対応・楽楽モード・速度一定モード・SMART DIAL・ヒートフリーシステム・スーパーフリースプール・探険丸無線通信・カーボンクロスワッシャ・Cl4+・S A-RB・糸落スピード表示・電動超スロー巻上げ・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・船縁停止アラーム・スマートクラッチ・自動復帰電子ブレーカー・チョイ巻

 

フォースマスター401、401DH

【フォースマスター401、401DHのスペック】

【フォースマスター401、401DH搭載機能】

・探険丸対応・楽楽モード・速度一定モード・SMART DIAL・ヒートフリーシステム・スーパーフリースプール・探険丸無線通信・カーボンクロスワッシャ・Cl4+・S A-RB・糸落スピード表示・電動超スロー巻上げ・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・船縁停止アラーム・スマートクラッチ・自動復帰電子ブレーカー・チョイ巻

フォースマスター600シリーズ

アングラーの意志に感応するタッチドライブをリール上面に配置することで誤作動の不安を解消。

新機構のスピードクラッチの採用で、頻繁に繰り返すクラッチのON/OFFの切替操作がスピーディに行えます。

クイックレスポンスを誇るMUTEKI MOTOR+は、従来型より耐久性を高め高負荷時での過酷なファイトにも余裕で対処します。

コネクター位置を変更することで、パーミング性を向上させたSコンパクトボディ、滑り出しが滑らかなカーボンクロスワッシャ、リール単体で海底と魚群がわかる簡易魚探機能のNEW海底・魚群水深表示機能も搭載。

フォースマスター600、600DH

【フォースマスター600、600DHのスペック】

【フォースマスター600、600DH搭載機能】

・探険丸対応・MUTEKI MOTOR+・NEW海底、魚群水深表示・楽楽モード・速度一定モード・e-エキサイティングドラグサウンド・ヒートフリーシステム・ハンドルスピード表示・ファインドットLCD・探険丸無線通信・カーボンクロスワッシャ・Cl4+・S A-RB・糸落スピード表示・電動巻上負荷表示・仕掛回収時間表示・電動超スロー巻上げ・超微変速制御・電動等速巻制御・モーター&クラッチ連動機能・リール単独名人シャクリ・フカセモード・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・船縁停止アラーム・スマートクラッチ・自動復帰電子ブレーカー・チョイ巻・チョイ止・LANGUAGE(日本語/英語)・タッチドライブ・スピードクラッチ・Sコンパクトボディ

フォースマスター800

年々進化する細く、強力なPEラインを小型ボディのリールに内蔵できる限り、リール番手に制限を課す必要はない。

シマノ独自のカーボン強化素材CI4+によるボディの軽量化に加え、SMART CONTROLや超微変速制御を備え、汎用性という言葉さえ陳腐に感じるほどのパフォーマンスは、大型魚や高負荷の釣りを、従来よりアンダーサイズのリールでこなせます。

【フォースマスター800のスペック】

【フォースマスター800搭載機能】

・探険丸対応・MUTEKI MOTOR+・NEW海底、魚群水深表示・楽楽モード・速度一定モード・e-エキサイティングドラグサウンド・ヒートフリーシステム・ハンドルスピード表示・ファインドットLCD・探険丸無線通信・カーボンクロスワッシャ・Cl4+・S A-RB・糸落スピード表示・電動巻上負荷表示・仕掛回収時間表示・電動超スロー巻上げ・超微変速制御・電動等速巻制御・モーター&クラッチ連動機能・リール単独名人シャクリ・フカセモード・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・船縁停止アラーム・スマートクラッチ・自動復帰電子ブレーカー・チョイ巻・チョイ止・LANGUAGE(日本語/英語)・タッチドライブ・スピードクラッチ・Sコンパクトボディ

フォースマスター1000

大幅に軽量化したクール&コンパクトボディに、スーパーフリースプール、e-センタリングシステム、超微変速機能、電動等速巻制御などこのクラスならではの先進機能を搭載。

手持ちでの繊細な電動ライトゲームから、スルメイカや大型アオモノまでも視野に入れた電動パワーゲームまでもカバーできます。

【フォースマスター1000のスペック】

【フォースマスター1000搭載機能】

・探険丸対応・MUTEKI MOTOR+・海底、魚群水深表示・楽楽モード・速度一定モード・e-エキサイティングドラグサウンド・ヒートフリーシステムⅡ・e-センタリングシステム・ハンドルスピード表示・スーパーフリースプール・ファインドットLCD・探険丸無線通信・カーボンクロスワッシャ・S A-RB・糸落スピード表示・電動巻上負荷表示・仕掛回収時間表示・電動超スロー巻上げ・超微変速制御・電動等速巻制御・モーター&クラッチ連動機能・リール単独名人シャクリ・フカセモード・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・サムレスト&クイックターンクラッチ・船縁停止アラーム・自動復帰電子ブレーカー・チョイ巻・チョイ止

フォースマスター2000

新しく高回転・高トルクのMUTEKIMOTOR+を搭載することで、かつては3000番が担っていた高負荷のターゲットまでをも視野に入れた新生ForceMaster 2000。

シマノ巻上力、最大巻上速度は前作を大幅に凌ぎ、ハイスペックマシーンとして生まれ変わりました。

手持ちゲームを見据えたロープロファイル&コンパクト設計でありながら、スルメイカの多点掛けやキハダをもターゲットにするポテンシャルは、3000番に匹敵するパフォーマンスを発揮します。

【フォースマスター2000のスペック】

【フォースマスター2000搭載機能】

・探険丸対応・MUTEKI MOTOR+・海底、魚群水深表示・楽楽モード・速度一定モード・e-エキサイティングドラグサウンド・ヒートフリーシステムⅡ・e-センタリングシステム・ハンドルスピード表示・スーパーフリースプール・ファインドットLCD・探険丸無線通信・カーボンクロスワッシャ・S A-RB・糸落スピード表示・電動巻上負荷表示・仕掛回収時間表示・電動超スロー巻上げ・超微変速制御・電動等速巻制御・モーター&クラッチ連動機能・リール単独名人シャクリ・フカセモード・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・サムレスト&クイックターンクラッチ・船縁停止アラーム・自動復帰電子ブレーカー・チョイ巻・チョイ止

フォースマスター3000XP

MUTEKI MOTOR+を電動リールのスタンダードサイズに搭載し、パワー・オン・パワーにシフトさせたのがForceMaster 3000XPです。

クール&コンパクトデザインのボディに秘めたポテンシャルは、シマノ巻上力69kg、実用巻上持久力11kgに達するエクストラ・パワーアイテムに変貌を遂げました。

キハダやスルメイカの15点掛けさえも視野に入れた3000XP。

ファイアマッハシステムが実現する超高速落下性能は、軽い仕掛けを用いる完全フカセにも対応。

また、イカ釣りや通常の釣りにおいても素早く狙いの棚まで仕掛けを届け、スピーディーな釣りが可能になります。

【フォースマスター3000XPのスペック】

【フォースマスター3000XP搭載機能】

・探険丸対応・MUTEKI MOTOR+・海底、魚群水深表示・楽楽モード・速度一定モード・ファイアマッハシステム・e-エキサイティングドラグサウンド・ヒートフリーシステムⅡ・ロッドクランプ・ファインドットLCD・探険丸無線通信・カーボンクロスワッシャ・S A-RB・糸落スピード表示・自動糸送り機能・電動巻上負荷表示・仕掛回収時間表示・電動超スロー巻上げ・リール単独名人シャクリ・フカセモード・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・サムレスト&クイックターンクラッチ・船縁停止アラーム・自動復帰電子ブレーカー・チョイ巻・チョイ止

フォースマスター3000

パワーにシフトしたのがForceMaster 3000XPなら、スピードにアドバンテージを持たせたのがForceMaster 3000です。

MUTEKI MOTOR+がもたらす最大巻上速度は210m/分に達し、格段のハイスピードを実現しました。

ファイアマッハシステムによる高速落下性能とハイスピードによる高速巻上げの相乗効果で、手返し効率が飛躍的に向上し、ノンストレスで深場の釣りにも余裕で臨めます。

完全フカセや深場のスルメイカはもちろん、浅場で掛けたアオモノの疾走をハイスピードで安全圏まで誘導し、ラインブレイクを未然に防いで確実に獲ることができます。

【フォースマスター3000のスペック】

【フォースマスター3000搭載機能】

・探険丸対応・MUTEKI MOTOR+・海底、魚群水深表示・楽楽モード・速度一定モード・ファイアマッハシステム・e-エキサイティングドラグサウンド・ヒートフリーシステムⅡ・ロッドクランプ・ファインドットLCD・探険丸無線通信・カーボンクロスワッシャ・S A-RB・糸落スピード表示・自動糸送り機能・電動巻上負荷表示・仕掛回収時間表示・電動超スロー巻上げ・リール単独名人シャクリ・フカセモード・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・サムレスト&クイックターンクラッチ・船縁停止アラーム・自動復帰電子ブレーカー・チョイ巻

フォースマスター4000

オニカサゴ狙いなど中深場の釣り、あるいはメジやカツオといった回遊魚狙いでは、パワーに加えて必要なのがラインキャパ。

スタンダードサイズの3000番では少し物足りない、そんなときに心強いのがForceMaster 4000。

シマノ巻上力56kg、実用巻上持久力14kg、最大ドラグ力26kgと、想定するターゲットに余裕を持って対処できます。

また、探見丸無線通信によりリアルタイムで海底の水深を表示、魚がいる水深を教えてくれる海底/魚群水深表示も可能です。

【フォースマスター4000のスペック】

【フォースマスター4000搭載機能】

・HAGANEボディ・探険丸対応・海底、魚群水深表示・楽楽モード・速度一定モード・ファイアマッハシステム・e-エキサイティングドラグサウンド・ヒートフリーシステムⅡ・ロッドクランプ・ファインドットLCD・探険丸無線通信・カーボンクロスワッシャ・S A-RB・糸落スピード表示・自動糸送り機能・電動巻上負荷表示・仕掛回収時間表示・電動超スロー巻上げ・リール単独名人シャクリ・フカセモード・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・サムレスト&クイックターンクラッチ・船縁停止アラーム・自動復帰電子ブレーカー・チョイ巻

フォースマスター6000

キンメ、泳がせ、そしてキハダ。

これらの釣りに挑むなら、やはり安心なのは6000番です。ForceMaster 6000は、十分なラインキャパはもちろんシリーズの特徴である先鋭機能をスタイリッシュにパッケージング。

シマノ巻上力69kg、実用巻上持久力14kg、最大ドラグ力26kgの強さを誇り、スタンディング・置き竿、どちらのスタイルにも対応します。

進化し続けるキハダ狙いを中心に、大きなポジションを占める存在です。

【フォースマスター6000のスペック】

【フォースマスター6000搭載機能】

・HAGANEボディ・探険丸対応・海底、魚群水深表示・楽楽モード・速度一定モード・e-エキサイティングドラグサウンド・ヒートフリーシステムⅡ・ロッドクランプ・ファインドットLCD・探険丸無線通信・カーボンクロスワッシャ・S A-RB・糸落スピード表示・自動糸送り機能・電動巻上負荷表示・仕掛回収時間表示・電動超スロー巻上げ・リール単独名人シャクリ・フカセモード・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・サムレスト&クイックターンクラッチ・船縁停止アラーム・自動復帰電子ブレーカー・チョイ巻

フォースマスター9000

ForceMaster 9000には、高い剛性のHAGANEボディに加え、高負荷での巻上げによるモーターの帯熱を抑制し、ブレイクダウンを未然に防ぐヒートフリーシステムⅡを採用。

巨魚とのファイト中にもモーターが止まらず、深海からでもガンガン巻ける安心感と、大型電動リールに不可欠なパワーを持たせました。

【フォースマスター9000のスペック】

【フォースマスター9000搭載機能】

・HAGANEボディ・探険丸対応・海底、魚群水深表示・楽楽モード・速度一定モード・e-エキサイティングドラグサウンド・ヒートフリーシステムⅡ・ロッドクランプ・ファインドットLCD・探険丸無線通信・カーボンクロスワッシャ・S A-RB・糸落スピード表示・自動糸送り機能・電動巻上負荷表示・仕掛回収時間表示・電動超スロー巻上げ・リール単独名人シャクリ・フカセモード・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・サムレスト&クイックターンクラッチ・船縁停止アラーム・自動復帰電子ブレーカー・チョイ巻

フォースマスター1000MKHD

ラピッドファイアハンドルドラグを搭載したForceMaster 1000MKHD。

ハンドルを逆転させ、ドラグを緩めた状態でアタリに備え、魚がヒットした後にハンドルを正転させれば、一瞬にしてドラグ力がアップ。

特に細ハリスで喰わせるコマセマダイでは最初の走りをいなした直後、素早く攻撃に移ることが可能に。

ワラサ、メジロといったスプリンターにもマッチ。

落とし込みでは仕掛けを落とす/巻き上げる、といった誘いの繰り返しに。そしてモーター巻上げでのファイト中には、素早いドラグ力のアップ/ダウンで対応。

【フォースマスター1000MKHDのスペック】

【フォースマスター1000MKHD搭載機能】

・探険丸対応・楽楽モード・速度一定モード・MUTEKI MOTOR+・ヒートフリーシステム・スーパーフリースプール・糸落スピード表示・電動巻上負荷表示・電動超スロー巻上げ・カーボンクロスワッシャ・フカセモード・糸巻学習補正・船縁自動停止・船縁停止アラーム・S A-RB・サムレスト&クイックターンクラッチ・自動復帰電子ブレーカー・チョイ巻

まとめ

以上が今回はこのシマノのミドルスペックモデルであるフォースマスターを徹底解剖したうえで、これあえあれば普通の船釣りは大丈夫な理由をまとめて紹介した結果でしたが、いかがだったでしょうか?

フォースマスターの能力は先代と比べると格段にアップしています。

イメージで言うと先代のビーストマスターの能力が今のフォースマスターであると言っても過言ではないでしょう。

正直相当な大物とのファイト以外はこのフォースマスターで十分でしょう。

値段はプレイズに比べると上がってしまいますが、能力と比べるとそのコスパは良いと思うはずです。

もしもいつか大きい魚を釣ってみたいとお考えの方はフォースマスターを2サイズ所有する選択肢は賢い選択です。

ではここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク