船釣りの持ち物を必要最低限にまとめてみた

船釣り

スポンサーリンク

こんにちは、タロヤマ(@Taroyama173)です。

船釣りを始める時、何が必要で何を持って行けば良いのか、とても不安だと思います。

経験者の人と一緒に乗るのが一番いいと思いますが、なかなかそう都合よく見つからないのが現状ですよね。

私もそうだったので、気持ちは痛いほどわかります。

でも船釣りという高いお金を払うのだから、釣れないのは嫌だし、しっかり楽しみたい!

この記事ではそんな人のために、船釣りを始めるにあたって、最低限必要な物や、あったら良い物を紹介します。

船釣りで最低限必要な物

船釣りで最低限必要なものについて、初心者はあれもこれもと用意してしまうと訳がわからなくなるので3つに超厳選しました。

1、クーラーボックス

船釣りで一番必要な物はクーラーボックスと言っても過言ではありません。

釣りの醍醐味の一つに、自分で釣った魚を食べるというのがあります。

自分が釣った新鮮な魚を食べるというのはこの上ない喜びで、忘れられません。

ですので、新鮮な魚を出来るだけ最高な状態で持ち帰るというのは、最重要事項。

そんな時、クーラーボックスは飲料水や食べる物を外の環境から守り、あなたの釣れた魚を自宅まで適切な状態で保管してくれるのです。

貸してくれる釣船屋さんもありますが、自宅まで持って帰る事はできず、結局は発砲シチロールで持って帰るかクール便で送ってもらうかです。

もちろん初心者のうちは安い物で構いません。

しかし、容量は出来るだけ20L以上の物が好ましいです。

なぜかと言うと、20L以下のものは容量が少なく、魚が思ってた以上に釣れてしまった時に入らなくなってしまうからです。

せっかく釣った魚を持ち帰る事ができないなんて、こんな悲しい事はありません。

しっかり氷を入れれば、保冷力はそこまで心配する必要はありませんので、容量がしっかりあるものを選びましょう。

ちなみにクーラーボックスの選び方は下記記事を参考にしてください。

船釣りのクーラーボックスのおすすめと選び方

2018年10月7日

2、タオル

タオルも必要です。

タオルは出来れば、「汚れても良い使い捨てタオル」と「キレイなタオル」の2つ用意した方がいいです。

なぜかと言うと、釣れた魚を掴んだり、汚れた手を拭くのは使い捨てタオルで拭かないと、生臭さや汚れが未来永劫残ってしまい、使いものにならなくなってしまうからです。

魚の血や生臭さ、餌の汚れは想像以上です。
無理に使うのではなく、使い終わったら捨ててしまいましょう。

キレイなタオルは自分自身の汗やかかってしまった水を拭くのに使います。

快適な釣りをするためにも、タオルは2つ持っていきましょう。

3、飲料水と食べ物

最後に飲料水と食べ物です。

当たり前と言えば当たり前なのですが、絶対に忘れてはいけないものです。

短時間であっても、飲料水と食べ物は持っていきましょう。

当たり前ですが、海にはコンビニもありませんし、自販機もありません。

何も遮るものがない船の上と言うのは環境的に厳しいですし、体力もかなり消耗します。

「大丈夫でしょ」という、甘えと慢心が事故を生み、同船者や船長に迷惑をかけてしまいます。

必ず必要以上の飲料水と食べ物を持って行くようにしてください。

多すぎたら自宅に帰って食べれば良いだけの事です。

アクシデントがあっても大丈夫なぐらいの備えをしましょう!

釣り具はレンタルが一番

釣りをするのに釣り竿やリールは持って行かなくてもいいのかという意見があると思いますが大丈夫です。

今の釣り船屋さんは基本的にレンタルがあるので初めはレンタルがおすすめです。

さらに仕掛けや餌も釣り船屋さんで買えるから大丈夫です。

クーラーボックス用の氷も買えますし、釣り船屋さんによってはサービスの所もあります。

釣り道具や仕掛けなどについては、ヘタに揃えて持って行くよりも、釣り船屋さんのレンタルやオリジナル仕掛けを買った方が断然いいです。

なぜかと言うと、釣り船屋さんはお客様に1匹でも多く釣ってもらいたいからです。

パチンコ屋とは違い、1匹でも多く釣ってもらう事によってお客の満足度が上がり、リピーターになってくれる事を釣り船屋さんは知っています。

基本的に初心者でも使いやすく、釣れるレンタル道具を釣り船屋さんは用意しています。

もちろん仕掛けについても使いやすく一番合った仕掛けを用意しているので、釣り船屋さんで揃えるのがベストなのです。

なので、無理に買わずに最初は経験だと割り切ってレンタルを利用しましょう。

以上が船釣りで最低限必要なものの3つです。

次にその他持って行った方が良い物について紹介したいと思います。

船釣りで持って行った方が良い物

船釣りでの最低限必要な持ち物はさっきの3つだけで大丈夫ですが、出来れば持って行った方がいい物があるから紹介します。

ハサミ

釣りにおいてハサミはかなり重要で、釣りをする人は必ず持っています。

糸が絡んで取れなくなってしまったり、結んだ糸の余りなどを切ったりするのに使います。

初心者にとっては絶対に必要な物ではありませんが、あると便利です。

基本的に釣り人は自分のハサミを持っていて、船長も持っている可能性が高いので、糸が絡んでしまった際には借りる事ができます。

もし持っていくのであれば糸切りハサミにしましょう。

プライヤー(ペンチ)

プライヤーに関してもハサミと同じような位置付けです。

なぜプライヤーが必要なのかと言うと魚に掛かった針を取るからです。

釣り針には基本的に「かえし」と呼ばれる針抜け防止処置が施してあります。

これがしっかり効いているとなかなか人力では取れません。

そんな時こそ、プライヤーがあるとスムーズに針外しができます。

なお、プライヤーについては下記記事を参考にしてください。

船釣りのプライヤー(ペンチ)のおすすめを超厳選!その選び方までまとめてみた

2018年12月3日

酔い止め

初心者は酔い止めを絶対に飲んでおいてください!

なぜ必需品じゃないかと言うと持って行く必要はなく、飲んでおく必要があるからです。

初心者は必ず船に乗る1時間以上前に酔い止めを飲んで置いてください。

釣行日に起きたら忘れないうちに飲んでおくのがベストです。

船酔いは私も経験あるのですが、めちゃくちゃツライです。

もう釣りどころじゃなくなります。そして残念ながらその気持ち悪さは、船を降りない限りなくなりません。

予防の意味でも酔い止めは飲んでおきましょう。

まとめ

今回は船釣りで最低限必要なものについてまとめさせていただきました。

初めての船釣りはとても緊張しますし、何を持っていけばよいか不安だと思います。

しかし、まずはチャレンジをしようとした自分を褒めてあげてください。

そして油断する事なく、今回紹介した物を持って、ビギナーズラックを爆発させましょう!

せっかく安くないお金を払ったのだから、しっかり準備をして楽しむ。

あなたにとって1回目の船釣りが最高の体験になる事を祈ってます。

以上です。