船釣りのリールで初心者が最初に買うべきリールとは

船釣り

スポンサーリンク

こんにちは、タロヤマ(@Taroyama173)です。

初心者にとってリール選びは非常に困難です。

スピニングリールなのか両軸(ベイト)リールなのか電動リールなのか、初心者に決める事ができないのは当たり前です。

さらにリールは釣り竿に比べ高価であり凡庸性が少ないです。

例えば淡水用(川や湖)のリールを船釣りで使うと潮を含んだ海水が入ってしまいリールが使い物にならなくなってしまいます。

では、初心者はどのようなリールを選んで買えばいいのか、説明・紹介したいと思います。

スポンサーリンク

リールの選び方

リールは大きく分けると淡水用と海水用、スピニングリールと両軸(ベイト)リールに大別できます。

淡水用はその名の通り川や湖で使う事を想定しているので、防水機能はそこまで高くはありません。

簡単に言うなればリールのギア(歯車)に大敵な潮(海水)の心配をする必要がないという事です。

逆に海水用(SW)のリールは潮(海水)を防ぐ機能が求められます。

実際、値段が高くなればなるほどその防水機能はより強固となり僅かな海水の侵入も許しません。

 

海での釣りのリールを選ぶときは必ず海水用のリールを選ぶようにしましょう。

次に、スピニングリールと両軸リールについて説明します。

スピニングリールは様々な釣りに対応できる筒状のリールの事です。

釣り人とは反対側にリールを設置しベールという部分を回転させる事で糸を巻き取ります。

両軸リールと違い、スプールと言われる糸を巻いてある部分が回転せず糸を送り出すのでおもりやルアーのテンションがかからず、糸フケ(糸のたわみ)が発生するのが、デメリットと言えます。

続いて両軸リールは船釣りでよく使われるリールでスピニングとは違い、釣り人側に設置して使います。

ハンドル部分を回しスプールが直接回転する事で糸を巻き取り、スプールが逆に回転する事で、何も介さず糸が出てきます。

スプールから仕掛けまで何の障害もないため仕掛けを船の真下に素早く落とす事ができ、おもりのテンションを直接受けながら糸を送り出すので、スピニングリールのように糸フケが起きる事もありません。

メリットデメリットを理解し、あなたのやりたい釣りにあったリールを選ぶようにしましょう。

 

そして、釣りのリールは正直2大メーカー(シマノ・ダイワ)の独壇場です。

その他のメーカーもリールを販売してますが、シェア数は非常に少なく、限定された釣り方および狙う魚種に特化したものがマニアに売れているような状況です。

例にあげるとアリゲーター技研のバトルやアルファタックルが販売しているリールなどがそれに当たります。

逆に言うと、リールは2大メーカーから選んでおけば間違いはないという事が言えます。

ゆえに初心者は2大メーカーから選ぶようにしましょう。

では、2大メーカーから選ぶとして、リールをどのように選んだら良いかリールの性能の見方も含め説明していきます。

ドラグについて

ドラグとはリールについている糸の送り出し機能です。

魚の引きに対して設定した力が糸にかかると糸を送り出し糸が切れるのと竿が折れるのを防ぎます。

もしもドラグ機能がないと、リールがロックしてしまい、糸が切れるか竿が折れてしまいます。

もしくはリールのギアが逆転して壊れてしまいます。

例えて言うならドラグは安全装置であって、糸と竿、釣り人を守るブレーキシステムのようなものです。

このドラグはスピニングリールならスプールの上に付いておりツマミを回す事でその設定を変更でき、両軸リールであればハンドル部分の横に付いていて、ドラグの強弱を設定できます。

しかし、各リールの性能によって最大のドラグ力というのが決められており、どんなに設定を強めてもそのチカラ以上のドラグは設定できないようになっています。

要はアジやサバを釣るようなリールでは最大ドラグ力が弱くマグロの強烈な引きによって糸が出ていってしまい糸を巻く事はできず、マグロは釣れないということです。

さて、このドラグですが基本的にはkgで表記されます。

このkgは魚の重さではなく、張力(魚が引くチカラ)の事であり、30kgの魚を釣るために30kgのドラグ力が必要という訳ではありません。

さらに魚の引きは竿の弾性でも吸収できるので、一概に何kgというのは把握するのが難しいです。

もしも大きい魚を釣りたい場合にはできるだけ大きいドラグ力をもつリールを選び余裕のある状態で魚とのやり取りを楽しむのが一番と言えます。

巻糸量

巻糸量は言い換えるならそのリールのスプールの大きさであり、どのぐらいの太さの糸をどのくらい巻けるのかということです。

この巻糸量は非常に重要で、例えば水深100mの釣りをしたい場合にはもしも糸が切れた場合を考えて2倍以上の200m以上の長さが必要です。

自分がしたい釣りの使用する糸の太さ長さを考慮し、リールを決めるようにしましょう。

ギア比

ギア比はルアー釣りや大物釣りにおいて気になる部分となります。

リールには主にハイギアとローギアがあり、車のギアと同じでローギアはハンドル一回転で巻ける糸の量は少ないが、巻き取るパワーがあります。

それに対しハイギアはハンドル一回転で巻き取る糸の量は多いですが、巻き取るパワーが少なくなります。

どちらもメリットデメリットがあるので、自身の釣りに合わせて選ぶようにしましょう。

自重

自重はその名の通りリール本体の重さです。

当たり前ですが巻糸量やドラグ性能がよくなるとリールは大きくなり重くなります。

リールが重いと扱いづらくなり、長時間の釣りにおいては釣り人の疲労感に比例します。

値段の高いリールは良い性能を維持しながら極限まで軽量化されているため、小さいながらも大きい魚に対応できるようなパワーを秘めています。

より高品質なリールを求めるなら自重も確認するようにしましょう。

ベアリング

ベアリングはギアを通じて回転する軸を滑らかに作動させるうえで欠かせない部品です。

基本的にボールベアリングの数が多いほどより滑らかな回転を維持することができ、コストがかかります。

値段との兼ね合いになりますが、よりスムースな回転を求める場合にはベアリング数が多いリールを選ぶようにしましょう。

船釣りリールの選び方

船釣りにおけるリールは大前提で海水用のリールを選びましょう。

両軸リールか電動リールか

船釣りのリールについてはまず、両軸リールか電動リールかに分かれます。

両軸リールとは通常通りに自分の手を使って手動で糸を巻くリールのことで、ベイトリールはキャスティングを主として考えて作られているが、両軸リールは海水に強く剛性もありパワーも強く作られています。

電動リールはその巻く動作をリール内臓のモーターに任せるリールのことで、その名の通り電気で動きますので、電源が必要になります。

電源は相当古い船でなければ船に備え付けてある電力を使いますので、自分でバッテリー等を準備する必要はありません。

ではどんな釣りの時に電動リールが必要になるのかというと、水深の深い場所で行う釣りの際に電動リールが必要になります。

水深が深くなると同時に使用するおもりも重くなるため、500g以上のおもりを100m以上の水深から手巻きであげてくるのは非常に疲れます。

一般の人であれば5回も巻き上げれば腕がパンパンになってしまうでしょう。

そんな時電動リールであれば竿を持っていればいいだけなので楽チンです。

また、電動リールは水深表示機能も付いているので、深い場所でのタナの取り方も非常にわかりやすくなります。

水深80m以上の水深でなおかつ80号以上のおもりを使う釣りに関しては電動リールを使う事を考慮した方がいいでしょう。

船のエサ釣りにおけるリールとは

船のエサ釣りにおけるリールは船の真下にいる魚を狙うため、主に両軸リールを使う事となります。

ちょい投げをして釣りをするシロギス釣り等はスピニングリールを使いますが基本は両軸リールです。

また、上記で説明した通りに水深が深い場所で行う釣りに関しては電動リールを使います。

船のルアー釣りにおけるリールとは

船のルアー釣りにはジギングとキャスティングがありますが、どちらも基本的にスピニングリールを使います。

キャスティングではルアーを遠くに投げるためスピニングリールの使用が絶対条件です。

ジギングではスピニングリールの使用が基本ですが、真下にいる魚を釣るため両軸リールも使用します。

船のルアー釣りではジギングキャスティング共に絶えず巻き続けるので、リールに大変な負荷がかかります。

剛性および巻きごごち共にできるだけ高品質なものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめの船釣りリール(エサ)

ではここから初心者におすすめのリールを紹介していきます。

様々な釣りに使え、2万円以下で買えるものをピックアップしています。

あなたのやりたい釣りのスタイルに合わせて参考にしてください。

両軸リール(カウンターなし)

 

 

 

 

 

 

両軸リール(カウンターあり)

 

 

 

 

 

電動リール

 

電動リールは初心者にとって非常に高価です。

ですので、「大は小を兼ねる」を基本にできるだけ大きいサイズである中型の電動リールを買うようにしましょう。

逆に中型の電動リールを買ってしまえば様々な釣りに対応できます。

 

 

 

 

おすすめの船釣りリール(ルアー)

 

 

 

 

 

 

まとめ

以上が初心者が買うべき船釣りリールの説明とおすすめです。

釣り竿と同じように初心者のうちは凡庸性のある安い物を購入して自分がどんな釣りを極めていきたいか探して行くのがベスト!

リールは釣り竿と共にタックルと言われ釣り人にとっては非常に愛着がわくものです。

しっかりと性能を理解し、納得できるものを選ぶようにしましょう。

シマノなのかダイワなのかというのは昔も今も釣り人にとっては永遠のテーマです。

ぜひお気に入りのメーカーを見つけ、思い出の魚を釣り上げてください。

ではここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク