船釣りにおけるエサ釣りとルアー釣りそのメリットとデメリットについて

船釣り

スポンサーリンク

こんにちは、タロヤマ(@Taroyama173)です。

船釣りをしてみたんだけどエサ釣りとルアー釣りの結局どっちが自分のスタイルにあってるのか判断できないという人は多いのではないでしょうか?

今まで陸からルアーフィッシングをしてきた人はルアーをやりたいという風に決まりますが、船釣りから始めた人は悩むと思います。

季節や釣り物に合わせてどちらもやるっていうのが一番ですけどコストもかかるからなかなか難しいのが現状ですよね。

船釣りには大きくわけてエサ釣りとルアー釣りがあり、どちらもメリットデメリットがあります。

海には魚が豊富にいるため、釣りたい魚から釣り方をえらぶのもアリです。

この記事では船釣りにおけるエサ釣りとルアー釣りのメリットデメリットをあげていきますので、あなたの釣りスタイルの確立の手助けができればと思います。

船釣りにおけるエサ釣り

船釣りにおけるエサ釣りは魚釣りの基本です。

エサで釣れない魚はいません。

しかし、エサ釣りゆえのデメリットもあるのも事実です。

では、紹介していきます。

メリット

船釣りにおけるメリットの第一は魚が釣れやすいことでしょう。

普段食べている生のエサを使って魚がいる場所に行って釣りをするので、ボウズの可能性は限りなく低いです。

また、エサ釣りの場合はエサそのものにニオイ等があるため集魚力があります。

ゆえに、不慣れな初心者であっても釣れちゃうのが現実なのです。

せっかく高いお金を払っているんだからボウズは嫌だと考えるのが普通ですので、このボウズの可能性が低いというはとてつもないメリットです。

続いてのメリットは出船している釣り船屋が多いというのがあげられます。

日本全国釣り船屋はたくさんありますが、そのほとんどがエサ釣りです。

もちろんルアー専門の釣り船もありますが、その数は少なく、エサ釣り専門もしくは兼用の釣り船がほとんどです。

まとめるとボウズの可能性が低い&釣り船の数が多いこの二つが大きなメリットといえます。

では次にデメリットをあげてみましょう

デメリット

エサ釣りのデメリットはエサそのものです。

何かというとエサ特有のニオイと汚れそして気持ち悪さです。

エビならまだ良い方ですが、ゴカイやイソメなどの虫はかなり気持ち悪い。

また、撒き餌の一種であるイワシのミンチはニオイが強く慣れないと船酔いを誘発してしまうほどです。

あとは、仕掛けが複雑になりがちという点があげられます。

おもりと針とハリスの種類は数多くあり初心者を悩ませます。

地域によってもだいぶ違ってくるので、難しいところですが、そこが楽しくエサ釣りの醍醐味ともいえます。

今回は初心者に対しての記事なので、デメリットとしてあげさせてもらいます。

船釣りにおけるルアー釣り

船釣りにおけるルアー釣りは一般的にオフショアルアーフィッシングと呼ばれます。

対象魚は主にフィッシュイーター(肉食魚)であるブリ・カンパチ・ヒラマサ・カツオ・マグロ・サバ・シイラ・ハタ系・イカ・ホウボウ・ヒラメ・マゴチ・シーバス・サワラ・タイ・ロウニンアジなどです。

ほとんどの魚が美味として有名で、高級魚です。

また大型で、引きが強くエサ釣りでも人気の魚が多いと言えます。

では船のルアー釣りではどんなことがメリットでデメリットなのかあげていきます。

メリット

まずはルアー釣りのメリットとしてエサに触らなくてよいというのがあります。

エサ釣りのデメリットが逆にメリットとなるというこですね。

次に、仕掛けがシンプルということ。

PEラインといわれる伸びない糸から摩擦に強い糸(ナイロンやフロロカーボン)を結びルアーをつける。

基本的にはこれだけで仕掛けは完成です。

結び方さえ覚えてしまえば初心者でも悩むことはなくどの地域であってもこの基本は変わりません。

最後に、エサ釣りにおけるおもりがルアーそのものなので魚の引きがダイレクトで味わえることが一番のメリットではないかと言えます。

魚の引きを感じるのに余計なものが無いというのはだいぶ違います。

ルアー釣りにハマってしまう人はこのダイレクトな引きの虜になってしまうのだと思います。

また、海は日によって全然違います。

昨日は爆釣だったけど今日は全然違うというのが当たり前で、昨日釣れていたルアーは今日は見向きもされないということが頻繁に起きるのです。

これはデメリットのように感じますが、その日の海と魚の活性を総合的に判断してヒットルアーを見つけていくという作業はとても楽しいと言えます。

あの手この手を試して釣りをすることもルアー釣りのメリットと言えるでしょう。

ではメリットはこれぐらいにして、デメリットをあげてみます。

デメリット

ルアー釣りのデメリットはエサ釣りのメリットがそのまま言えると思います。

ルアー釣りの最大のデメリットはボウズの可能性があるということです。

ルアーは所詮疑似餌であり偽物です。

魚の活性が上がりなおかつ騙せなければ釣れません。

マグロのキャスティングゲームなどでは釣りを一回もすることなくナブラを探し続けて終わるなんてこともザラにあります。

せっかく高いお金を払ったのに釣れないのは絶対に嫌だという人はルアー釣りはやめておきましょう。

次に、船のルアー釣りはエサ釣りと比べると新しい釣りです。

しかも釣れにくいとなるとルアー専門で営業している釣り船屋さんは非常に少ないです。

地域によってだいぶ差はありますが、全国的にみると過半数がエサ釣りの釣り船屋さんだと言えます。

船のルアー釣りを本格的にやりたい場合は、まず自分が住んでいる地域でルアー釣りができる船を探さなければいけないということがデメリットです。

まとめ

以上が船釣りにおけるエサ釣りとルアー釣りのメリット・デメリットでしたがいかがだったでしょうか?

今回は船釣りにおけるエサ釣りルアー釣りのメリット・デメリットを紹介しました。

どちらを選んでも同じ釣りなので、どっちが良いとかはありませんが、自身がワクワクする方を選ぶようにしましょう。

エサ釣りの中でも釣ったイワシやアジを泳がせて大物を狙う「泳がせ釣り」もありますし、ルアー釣りでもイカを専門に狙った釣りもあるので、釣りの幅は多種多様です。

まずは、あなたの地域にあった釣りにチャレンジです!

そして自分の好きなスタイルがわかったらあとは極めるのみです。

一緒にワクワクしましょう。

ではここまで読んでいただきありがとうございました。