シマノ電動リールのプレミオとプレイズ!このグレードでも近海は制せる!その理由とは

スポンサーリンク

電動リール!

いかにも高そうなその名前。

ガチで船釣りをしている中年以上の男性しか持っていないもので自分には縁のないもの。

そう思って生きてきませんでしたか?

しかし実は電動リールはそんなに難しいものではなく釣り人の負担を劇的に軽減させてくれる優れものだったのです。

そのことに気づいてしまったあなたは電動リールを持つことで釣りの幅が広がることを知っているはずです。

ですが、今まで気にしたこともない電動リールにはどんな種類があってどれを選べばいいのかわからないと思います。

電動リールは耐久性を求められる物であるのに精密機械であるがゆえに製造しているメーカーは多くありません。

選ぶうえで失敗したくないのであれば釣りの2大メーカーである「シマノ」と「ダイワ」から選ぶようにしましょう。

 

そんな二大メーカーであるシマノの電動リールラインナップの中で入門機、ベーシックモデルと言われているプレミオとプレイズをご存知ですか?

このプレミオとプレイズはベーシックモデルだと思って舐めてはいけません。

実はこの二つのモデルだけでほぼ近海を制することができるのです。

今回はこのシマノのベーシックモデルであるプレミオとプレイズが近海の船釣りを制することができる理由とそのラインナップについて紹介します。

スポンサーリンク

電動リールとは

バッテリーからの電力でモーターを駆動させ、ライン(道糸)を巻き上げるのが電動リールです。

近海での100~200mの水深から、対象魚の生息エリアによっては1000mを超えるような深場からでもスピーディに楽々と糸を巻くことができます。

アジやタイ、各青物やイカ、五目釣りにカワハギ、アマダイなどの近海船釣りのほとんどのターゲットは50m〜200mの水深が生息エリアとなります。

この水深の釣りは錘(おもり)を使います。

水深や遊漁船によっても違いますが、50号〜200号(187g〜750g)の錘をメインに使うことになるでしょう。

この重さを水深50m〜200mから釣れる度、エサを付け替える度、船が移動するたびに手巻きのリール(電動リール以外)で巻き上げるのは非常にツライです。

この疲労度はまさに筋トレ!

釣りが終わる頃には腕がパンパンになっていることでしょう。

これを劇的に解決してくれるのが電動リール!

レバーをポンと押すだけで自動で何百mもの距離を巻いてくれるのです。

 

もちろん巻いてくるスピードは釣り人が自由に決められますし、魚の引きに合わせて巻き上げるスピードを自動で調整してくれる機能もついている機種もあります。

このように釣りの幅を広げる電動リールは、船釣り(エサ釣り)には欠かせない釣具と言えるでしょう。

ちなみに電動リールに巻く釣り糸(道糸)はPEラインとなります。

また、電動リールを動かす動力であるバッテリーは船から電源を取れることがほとんどなので、電力の心配はほぼありませんが、より電動リールのハイパワーを余すことなく使いたいのであれば個別のバッテリーを使用するのも1つの手です。

電動リールの各部名称と役割

【表示カウンター】
水深(糸が出ている長さ)などを表示します。現在のほとんどの電動リールは、釣りに便利なモードを設定したり、情報を表示することができます。

【巻き上げレバー】
糸を巻き上げるレバー。前に倒すと巻き上げがONになり、電動でスプールが回転して糸を巻き取ります。前方に倒すほど糸巻きの速度が速くなり、後方に戻すと遅くなります。

【ドラグ】
ドラグとは魚が強く引いた時、スプールが逆回転して糸が切れるのを防ぐ機構のこと。このノブでドラグの強弱を設定します。前方に回すと効きが強くなり、後ろに回すと弱くなります。

【ハンドル】
用は手で回して糸を巻き取るハンドルです。電動リールでも数mだけ巻き取りたいときなどは、ハンドルを手で回して糸を巻き取ります。

【クラッチ】
レバーを押すとスプールがフリー状態になり、糸が出て行きます。ハンドルを回すと元に戻り、スプールが固定されます。

この他にもバッテリーケーブルを挿すコネクタがあり、道糸が巻いてあるスプールもあります。

基本的に電動リールのバッテリーケーブルは専用のものが付属されていて水や潮に強くできています。

また、電動リール自体も厳しい条件下(海水びちゃびちゃと炎天下)で使うことを主眼として作られているため防水と防錆性は秀逸であることは間違いありません。

一点デメリットをあげるとしたら、モーターがあるがゆえに手巻きのリールに比べるとどうしても自重が重くなってしまいます。

シマノの電動リールとは

前述しましたが、電動リールは耐久性を求められる物であるのに精密機械であるがゆえに製造しているメーカーは多くありません。

失敗したくないのであれば釣りの2大メーカーである「シマノ」と「ダイワ」から選ぶようにしましょう。

そして今回は「シマノ」の電動リールについて紹介します。

シマノは大阪府堺市に本社を置く自転車部品と釣具の製造をその主要な事業とし、ロードバイク・マウンテンバイク・レース用自転車の機構部品としては世界最大の企業です。

特にギア関係に関しては世界トップレベルの技術力を保持しているため、ギアの集合体であるリールについては世界一であると言っても過言ではないでしょう。

そんなギア界の横綱的存在であるシマノが手がける電動リールはまさに世界トップレベル!

ではそのライナップから紹介していきます。

シマノの電動リールのラインナップ(モーター別)

シマノの電動リールはモーターの強さ等によってランクわけされています。

モーターの強さ順に「プレミオ→プレイズ→フォースマスター→ビーストマスター」となっています。

ちなみにビーストマスターのモーターパワーは怪物級です。


・プレミオ
・プレイズシリーズ
・フォースマスターシリーズ
・ビーストマスターシリーズ

以上の4つがシマノ電動リールのラインナップです。

そのうち「プレミオ」だけは最安値の1機種のみとなります。

シマノの電動リールのラインナップ(糸巻き量別)

次に種類別として分けられいるのが番手の違いです。

この番手とは糸巻き量によって分けられていて300〜9000番号で分けられています。

もちろん番手が大きいほどスプールも大きくなるので糸巻き量が多くなりリール自体も大きくなります。

ちなみに各番手の一覧表と糸巻き量の対比は以下の通りです。

【シマノ電動リール一覧表】

  糸巻量
300  
ForceMaster 300
Series
    PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
0.8-400、1-300、1.5-200、
2-150
400  
ForceMaster 400
Series

PLAYS 400
  PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
2-200、3-140、4-100
600  
ForceMaster 600
Series
    PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
2-300、3-200
800  
ForceMaster 800

PLAYS 800
  PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
2-470、3-300、4-230、
5-180
1000  
ForceMaster1000


ForceMaster1000MKHD


PLAYS 1000
  PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
3-400、4-300、5-200
2000
BeastMaster2000

ForceMaster2000
    PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
3-500、4-400、5-300
3000
BeastMaster3000XP


BeastMaster3000XS


ForceMaster 3000XP


ForceMaster 3000


PLAYS 3000XP


PLAYS 3000


PLEMIO 3000
PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
4-400、5-350、6-300、
8-200
4000  
ForceMaster 4000

PLAYS 4000
  PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
5-600、6-500、8-300、
10-270
6000
BeastMaster 6000

ForceMaster 6000
    PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
6-750、8-600、10-500、
12-350
9000
BeastMaster 9000

ForceMaster 9000
    PE[パワープロボートゲーム]
糸巻量(号-m)
6-1100、8-900、10-650、
12-550

引用元 シマノ電動リールスペシャルサイト

プレミオ

プレミオ(PLEMIO)は3000番しかラインナップがありません。

その理由についてシマノは以下のように説明しています。

コンセプトはずばり“Simple Is The Best.” 電動リール初心者にもマニュアルいらずの簡単&シンプル操作を可能にしたのがPLEMIO 3000です。
楽楽モード、メモリーバックアップ機能、なめらか船縁自動停止、アラーム、棚タイマーなど充実の基本性能を備え、プログラミングの設定はボタンひとつ。
シマノ巻上力28kg、最大ドラグ力10.0kgのスペックに加え、糸巻量PE4号400mのラインキャパは、アジやマダイから青物まで幅広く対応します。
電動リールデビューを飾るのにふさわしいモデルです。

引用元 シマノ電動リールスペシャルサイト

上記のことを簡単に言うと電動リール初心者はこのプレミオを選んでおけばとっても平均的で値段も安いから問題ありませんよと言うことです。

確かにスペックを見ても素晴らしいほどの必要最低限の機能を維持しています。

船宿のレンタル品もこのプレミオを選んでいるところが多いように思います。

ですが、だからと言って能力が低いわけでもなく本当にあらゆる釣りに対応できる機種です。

それでいてこの価格は素晴らしいです。

【プレミオ3000のスペック】

【プレミオ3000搭載機能】

・楽楽モード・糸落スピード表示・電動巻上負荷表示・電動超スロー巻上げ・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・自動復帰電子ブレーカー・船縁停止アラーム

スポンサーリンク

プレイズ

プレイズはシマノの電動リールのベーシックモデルです。

ベーシックモデルと言ってもその性能は素晴らしく、サイズさえ間違えなければほとんど船釣りに対応できるでしょう。

また800番以降はモーターはMUTEKI MOTORなので前モデルのフォースマスターレベルと考えてもいいでしょう。

それぐらいの巻上力と巻上速度を備えています。

プレイズは前モデルの入門機的な位置から近海を制する実用機となったのです。

プレイズ400

プレイズ400は軽量コンパクトボディにもかかわらず、巻上力15kg、最大巻上速度155m/分に達します。

サムレスト&クイックリターンクラッチの採用で、片手での操作性は格段にアップ。

また、ハンドルには大型ラウンドノブを採用したことで、“電動ライトゲーム”を手巻きリールの操作感で、スマート&アクティブに展開できます。

電動超スロー巻上げ機能も有しています。

【プレイズ400のスペック】

【プレイズ400搭載機能】

・楽楽モード・速度一定モード・スーパーフリースプール・ヒートフリーシステム・S A-RB・電動超スロー巻上げ・船縁自動停止・自動復帰電子ブレーカー・船縁停止アラーム・サムレスト&クイックリターンクラッチ

プレイズ800

プレイズ800は片手でのクラッチ切替、ロープロファイル、軽量コンパクトボディ仕様。

電動ライトゲームを見据えた設計ながら、MUTEKI MOTORを搭載することで、シマノ巻上力49kg、実用巻上持久力6kg、最大巻上速度190m/分と、パワーもスピードも大幅にアップ。

そのパワーで、アジなどの小物狙いからアオモノまでもターゲットにできます。

新メニューとしてチョイ止、棚メモ、上から・底からモードなども搭載し、最新の電動リールのパフォーマンスを手軽に体感できるアイテムです。

イメージとしては「LT○○」という電動ライトゲームであればこのプレイズ800があれば十二分でしょう。

【プレイズ800のスペック】

【プレイズ800搭載機能】

・MUTEKI MOTOR・楽楽モード・速度一定モード・スーパーフリースプール・ヒートフリーシステム・カーボンクロスワッシャ・糸落スピード表示・S A-RB・電動超スロー巻上げ・リール単独名人シャクリ・フカセモード・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・自動復帰電子ブレーカー・船縁停止アラーム・サムレスト&クイックリターンクラッチ・チョイ止・チョイ巻

プレイズ1000

プレイズ1000はMUTEKI MOTOR、ロープロファイル、片手でのクラッチ切替、軽量コンパクトボディなど、基本仕様や基本スペックはPLAYS 800と同様です。

800に比べて1000はスプールが大型になることからラインキャパがもたらすパフォーマンスは、かつての3000番のポジションさえも脅かすアイテムに変貌し、新時代の“電動パワーゲーム”さえ対処できる存在となりました。

 

PEライン4号が300m巻けるラインキャパは近海の青物がターゲットであっても十分対応可能です。

また、ライトゲームであってもその大きさはそこまで不便になることはなく3000番と比べても自重は軽いので疲れも少なく快適にゲームを進めることができるでしょう。

【プレイズ1000のスペック】

【プレイズ1000搭載機能】

・MUTEKI MOTOR・楽楽モード・速度一定モード・スーパーフリースプール・ヒートフリーシステム・カーボンクロスワッシャ・糸落スピード表示・S A-RB・電動超スロー巻上げ・リール単独名人シャクリ・フカセモード・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・自動復帰電子ブレーカー・船縁停止アラーム・サムレスト&クイックリターンクラッチ・チョイ止・チョイ巻

プレイズ3000XP

プレイズ3000XPは巻上力50kg、実用巻上持久力6kg、最大ドラグ力15kgを誇るハイスペック仕様。

高速落下性能を誇るファイアマッハシステム、目的に応じて選択できる電動巻上げ機能の楽楽モード/速度一定モード、完全フカセの釣りに便利なフカセモード、そして視認性と操作性に優れたファインドットLCDなど数々の先鋭機能を搭載し、コストパフォーマンスにも優れたアイテム。

PEライン6号が300m巻けるラインキャパと巻上力50kgは多点がけ等で圧倒的パワーが求められるイカ釣りや10キロ程度の青物がターゲットであっても十分対応可能です。

また、高重量の錘を使った水深100m以上の釣りであっても楽々にこなすことができるでしょう。

【プレイズ3000XPのスペック】

【プレイズ3000XP搭載機能】

・MUTEKI MOTOR・楽楽モード・速度一定モード・ファイアマッハシステム・e-エキサイティングドラグサウンド・ファインドットLCD・カーボンクロスワッシャ・糸落スピード表示・S A-RB・自動糸送り機能・仕掛回収時間表示・電動超スロー巻上げ・リール単独名人シャクリ・フカセモード・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・自動復帰電子ブレーカー・船縁停止アラーム・サムレスト&クイックリターンクラッチ・チョイ巻

プレイズ4000

プレイズ4000はHAGANEボディを採用することで「たわみ」を抑制し、過酷な高負荷時の巻上げも余裕でこなします。

巻上力50kg、巻上持久力10㎏、最大ドラグ力15kg、最大巻上速度160m/分のスペックはキハダマグロをはじめとした大型アオモノ、オニカサゴやキンメダイに代表されるライト深場や中深場の釣りを強力にサポート。

PEライン8号が300m巻けるラインキャパはまさに圧巻の一言!

 

このラインキャパがあれば近海のキハダマグロも十分射程距離内、プチ遠征釣りや200m以上の深海釣りでも対応は可能で、泳がせ釣りなどの大物狙いでも問題ありません。

しかし、自重が1230gあるのである程度の大物専用リールとなるでしょう。

 

【プレイズ4000のスペック】

【プレイズ4000搭載機能】

・MUTEKI MOTOR・楽楽モード・速度一定モード・ファイアマッハシステム・e-エキサイティングドラグサウンド・ファインドットLCD・カーボンクロスワッシャ・糸落スピード表示・S A-RB・自動糸送り機能・仕掛回収時間表示・電動超スロー巻上げ・リール単独名人シャクリ・フカセモード・糸巻学習補正・メモリーバックアップ機能・船縁自動停止・自動復帰電子ブレーカー・船縁停止アラーム・サムレスト&クイックリターンクラッチ・チョイ巻

まとめ

以上がシマノのベーシックモデルであるプレミオとプレイズが近海の船釣りを制することができる理由とそのラインナップについて紹介した結果でしたが、いかがだったでしょうか?

プレミオは入門機として安定しています。

その機能はまさにベーシックそのもので、突出したものはありませんが必要なものは揃っており、とても使い勝手が良いです。

船宿のレンタルタックル用としては申し分ないでしょう。

また、価格も電動リールとしてはかなり手頃なのでおすすめです。

プレイズに関してはその性能は以前の上位モデルであるフォースマスターレベルまで高められており、近海を制するには十分です。

本当にシマノの技術力には驚かされます。

プレイズ侮れません。

ではここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク